Henan E-Grind Abrasives Co., Ltd.

ダイヤモンド水理シンセサイザにおけるPLCの設計と応用

世界のインフラ産業における技術の急速な発展に伴い,ダイヤモンド粉末鋸刃,砥石,研磨剤などの合成ダイヤモンド製品の需要が高まっている。ダイヤモンド粉末チャイナの需要が高まっている。従って,合成ダイヤモンドを製造する装置は市場で盛んである。これらの中で、六面体ダイヤモンドプレスは、簡単な操作と比較的生産コストの利点のため、国内市場のシェアを占めている。


人工ダイヤモンドは、高温高圧環境下で、触媒の触媒作用下でグラファイトが原子構造を変えるメカニズムによって合成されている。六面体ダイヤモンドプレスは、主なエンジンの中心を6方向から加圧するために、機械装置と油圧装置を使用することができます。主なエンジンの中央の超硬合金アンビルの作用の下で、原料は密封された立方の超高圧容量空胴を形づくることができます。同時に、電気加熱装置によってキャビティを加熱することができ、合成ダイヤモンドの製造に必要な高温高圧の条件を作り出すことができる。装置全体の作業工程は,電子制御システムと機械・油圧システムによって完成する一連の作業を必要とする。これらの中で,電子制御システムは,主に小型・小型のプランジャポンプと20個以上の電磁弁等からなる油圧システムを制御することによって,自動化,サブセクション,調整の異なるモードで作業を完了している。


NEWS_RELATE